FC2ブログ

ご報告

2019.06.19(11:55)

天皇家の方々を敬愛する皆様。

この度は天皇陛下ご即位、皇后陛下ご立后への心のこもったお祝いメッセージをたくさんお寄せくださり、
本当にありがとうございました。

大変遅くなりましたが今回も皆様の声をお伝えすべく、両陛下のもとに葉書をお送りいたしました。
両陛下のお目に留まることを祈るばかりでございます。
(相変わらずの管理人によるクセ字の文面でお恥ずかしゅうございますが…(汗))

img024.jpg



さて、まだ令和に入ってひと月半あまりでありますが、
両陛下の素晴らしいご活躍ぶりに皆様、興奮冷めやらぬ状態ではないでしょうか。
簡単ではありますが少し振り返ってみたいと思います。
(以下の写真は、特に記載のないものはすべて宮内庁HPより引用)

まずは天皇陛下の「ご執務」。
5月7日、天皇陛下になられて初の執務をなさいましたが、
もともと皇太子時代、いえ、まだ浩宮様でいらしたころから国事行為代行をこなされてきた陛下。
実に手慣れた感じでお勤めでした。
こういった書類の決裁も憲法で定められた天皇陛下の義務である国事行為の一つです。
ご執務

5月22日、
皇后陛下、令和元年全国赤十字大会に、ご臨席。
今回雅子さまは皇后となられたので、日赤の名誉総裁としてのご出席でした。
若く美しい新皇后陛下を迎え、会場はぐっと華やいだのではないでしょうか。全国赤十字大会



そして、ハイライトは何と言ってもこれでしょう!
5月27日、来日したアメリカのトランプ大統領ご夫妻を歓迎され、華麗に接遇なさいました。

米大統領歓迎行事①

米大統領夫妻 会見


」宮中晩さん会 アメリカトランプ大統領
(写真:産経新聞サイトより)


ハーバード大学を卒業なさって語学堪能と知れ渡っている皇后陛下のみならず、
天皇陛下の英語力にもトランプ大統領は驚嘆したようです。
両陛下と米大統領夫妻は時間がたつにつれとてもうちとけられたご様子で、
やさしさと知性と品格を持って行われた両陛下のおもてなしは
我が国の威厳を守りつつ、大いに両国の親善に貢献したといえましょう。


即位の一連の行事や米大統領来日など息をつく間もなかったご活躍ぶりでしたが、
さらにご公務は続きます。

6月1日~2日、「植樹祭」ご出席のため愛知県へ。
なにせ大統領歓迎行事で世界的にその素晴らしさを見せつけた両陛下でいらっしゃいましたので
愛知の皆さんの歓迎ぶりも熱狂的だったようです。
延べ7万人の人が歓迎に集まったとか。
どこも人出がすごすぎて両陛下の移動が大変だったようです。
愛知到着日の1日には両陛下を歓迎する提灯行列が行われました。
集まった名古屋の方々の歓迎の熱気がよく表れていますね。

①提灯行列

提灯行列②

提灯行列③
(上記三写真:産経新聞サイトより)

二日目は令和初、両陛下になられて初の植樹祭にご出席。
2019植樹祭
(写真:産経新聞サイトより)

これらのご予定の他に地元の小学生との交流や福祉施設の訪問などもこなされ、
非常にタイトな日程を終えられました。


そしてこのお忙しかった地方公務の二日後の6月4日には
クロアチア議会議長夫妻とのご引見も果たされました。
ご引見(クロアチア議会議長夫妻)

まさに八面六臂のご活躍。
まだ回復途上の皇后さまに対し御代替わり前には「皇后の務めは重過ぎるのではないか」
などという心無い声も一部ありましたが
そんな下らぬ杞憂などぶっ飛ばすようなご活躍ぶりは痛快でしたね。
ただ、まだ先は長いですので時々はしっかりお休みになってお体をおいといながら過ごしていただきたく思う次第です。


そして、この6月9日にはご結婚26周年をお迎えになられた両陛下。
26年たった今も両陛下の仲睦まじさは有名で、
移動の飛行機の中でもお顔を寄せ合ってお話が尽きないご様子だとか。
俗な言い方でございますがまさに「ラブラブなお二人」という感じでしょうか。
今回は特にコメント募集いたしませんが、ここに、心よりお祝い申し上げます。

ご結婚26周年
(写真:NHKニュースウェブより)

















スポンサーサイト




未分類 トラックバック(-) | コメント(7) | [EDIT]

2019年06月

  1. ご報告(06/19)